ED治療


ED・インポテンス・勃起障害治療

■ED(インポテンス)とは・・・

満足のいく性交為をするために、陰茎を勃起させ、なおかつその状態を持続することができなくなることをいいます。
ペニスも身体の他の部位と同じで、20歳ごろをピークにしだいに機能が衰え始めます。
生真面目な人や心配性の人ほど衰える度合いが激しく、20代や30代でED(インポテンス)の症状に悩む人も珍しくありません。


■ 勃起のメカニズム

人間のペニスは、スポンジ状の陰茎海綿体から出来ています。
性的な刺激があると、
1.脳から動脈を押さえつけている筋肉を「ゆるめなさい」という指令が出ます。
2.筋肉がゆるむと、動脈は拡張し、海綿体に大量の血液を送り込みます。
3.海綿体は充血して膨張し、硬くなります。

血液は常に動脈から静脈へと流れていますが、海綿体が膨張し硬くなった分、静脈が圧迫されて血管が狭くなり、血液の流出が妨げられ、勃起状態が維持されます。


ED(インポテンス)の3パターン

■ED(インポテンス)の3つの要因


(1) 病気や外傷により機能そのものが損なわれている「器質性」
(2) 勃起機能は正常なのにいざというときにダメになる「機能性」
(3) (1)と(2)の要因がからんだ「混合性」


「器質性」

ペニスの奇形、男性ホルモンの不足(老化による分泌の衰え)、外傷による勃起神経の支障、ペニスへの血流不足、脳や脊髄の障害、薬の副作用などが原因となるものです。
また、病気の影響としては、糖尿病や動脈硬化、アルコール依存症、うつ病なども原因となります。

「機能性」

心因性によるもので、ED(インポテンス)の原因としては最も多いパターンです。
過労やストレス、暴飲暴食、セックスしづらい住宅環境、パートナーへの不満が引き金になるほか、性交中の失敗を女性に指摘されて傷ついたり、子供を作らなければならないというプレッシャーなどが原因となります。


ED・インポテンス・勃起障害治療法

(1) ED(インポテンス)治療「内服薬」

当院で扱う薬は、日本で認可を受けている正規品ですので、ご安心ください。
これらの薬の働きは、注射法や挿入強制勃起薬のように血管を拡張し強制勃起させるのではなく、勃起状態を解消させる酵素の働きをカットするものです。
内服薬は各種取り揃えておりますので、診察時にご相談ください。


なお、いずれの内服薬も、下記の硝酸薬(飲み薬・舌下錠・貼り薬・注射・吸入剤など)を使っている方は、服用できません。

主なニトログリセリンなどの硝酸薬商品名リスト
・アイトロール錠・アイスラール錠・アイロクール錠・亜硝酸アミル・アパティアテープ
・アンタップ/R・イソコロナールRカプセル・イソニトール錠・イソピット・イソモニット錠
・イブステン錠・エスタット錠・L-オーネスゲン錠・カリアント錠・カリアントTPカプセル
・冠動注用ミリスロール・コバインタ-錠・コンスピット錠・サークレス注・サワドールL錠
・サワドールテープ/S・ジアセラL錠・シグマート錠・シグマート注・シグランコ-ト錠
・シドレンテープ・シベラント錠・シルビノ-ル錠・硝酸イソソルビド錠(ツルハラ)
・硝酸イソソルビドテープ「EMEC」・ステンベルガー錠・スレンドミン錠・セラモンテ錠
・ソプレロール錠・タイシロール錠・ニコランジス錠・ニコランタ錠・ニコランマート錠
・ニトソルビド注・ニトプロ注・ニトラステープ・ニトルビン錠・ニトロールRカプセル
・ニトロ-ル錠・ニトロールスプレー・ニトロール注・ニトログリセリン錠山川
・ニトログリセリン注-ACC・ニトロシンパフ・ニトロスロー錠
・ニトロダームTTS・ニトロバイド錠・ニトロフィックス5/10・ニトロペン錠・ニトロラム
・ニプラノール点眼液・ハイパジールコーワ錠・ハイパジールコーワ点眼液・バソレーターRB2.5
・バソレーター注・バソレーターテープ・バソレーター軟膏・フランドル・フランドルテープS
・ペネティISDNテープ・ヘルツァーS・ヘルピニン-Rカプセル・ホクスノールLカプセル
・ミオコールスプレー・ミニトロテープ・ミリステープ・ミリスロール注・ミリスロールテープ
・メズサビド錠S・メディトランステープ・メディトランスニトロ・ラブノールRカプセル
・リファタックL錠・リファタックテープS・リベラステープ

(2) 薬剤を尿道に挿入する「強制勃起薬」

注射法と同じ薬剤をスポイトのような器具によって尿道口から挿入し、粘膜を通して吸収させる方法です。 ED(インポテンス)治療先進国であるアメリカから導入された最新治療法のひとつで、医師の診断・指導さえ受けていれば、患者さん自身で行うことができるのが大きなメリットです。
 挿入後、約5~10分で勃起作用が起こり、約30~60分間の持続効果があります。
勃起の作用が起こる時間と持続効果は、個人差があります。
なお、使用にあたっては心配、疲労、アルコールの飲みすぎ等は避ける必要があります。また、投薬剤を挿入直後、仰向けになるとペニス内の血行が低下し、結果的に勃起を低下させますので注意が必要です。

■挿入強制勃起薬の成分

挿入強制勃起薬で尿道へ挿入するのはアルプロスタディルという医薬品で、血管拡張器に自然に発生する合成プロスタグランジンE1の一般名です。
プロスタグランジンとは、前立腺で作られる有効成分で、血管拡張作用を示す刺激剤のことです。
ペニスの緊張を緩和し、動脈からの血液の流入を促進させた後、血液が海綿組織を通過するときに血液を押し出す静脈を圧縮し、ペニス内の血液量を保ち勃起を持続させます。
米国では、このアルプロスタディルは1995年にED(インポテンス)治療のための薬品として、FDA(日本の厚生労働省にあたる国家機関)から市場販売を認められています。そしてこの挿入強制勃起薬は、同じく翌年に正式なFDAの認可を得ました。

(3) 強制勃起を促す薬剤を患部に注射する「注射法」

注射法(陰茎海綿体注射法)

ペニスの血管を拡張し強制的に勃起を促す作用がある薬剤を患部に注射する方法です。陰茎海綿体注射療法は1982年にフランスの血管外科医によって発見されました。
ペニスの血管を拡張し強制的に勃起を促す作用がある、塩酸パパベリンやプロスタグランジンを陰茎海綿体に注射する方法です。
現在は、副作用が少ないという点でプロスタグランジンE1の注射が広く使われています。
海綿体に異常がなければ通常5分ほどで勃起し、効果は約2時間持続します。


治療はカウンセリングや検査のうえ行います

ED(インポテンス)は、専門医による入念なカウンセリングや検査結果をもとに、多角的治療を行います。
まず男性ホルモンの数値、血管の状態を検査し、睾丸やペニスの形状を確認します。
そしてED(インポテンス)の具体的な症状を把握し、原因を追求します。
その上でそれぞれの症状に応じた治療を多角的に行い、短期間での改善を図ります。


ED(インポテンス)・勃起障害治療に関するQ&A

通販のED薬と病院で処方しているED薬の違いはありますか?
ED薬は偽物が出回っていますので、きちんとした医療機関で処方を受けることをおすすめします。
内服薬以外にも治療法はありますか?
はい、ほかにも治療法はあります。
代表的治療をあげますと、ひとつ目は、ペニスの血管を拡張し強制的に勃起を促す作用がある薬剤を患部に注射する「注射法」です。海綿体に異常がなければ通常5分ほどで勃起し、効果は約2時間持続します。
ふたつ目は、注射法と同じ薬剤をスポイトのような器具によって尿道口から挿入し、粘膜を通して吸収させ強制勃起させる方法です。
人によって治療法が異なりますので、医師と相談のうえ決定してください。
薬剤をスポイトのような器具で挿入する方法は、自分でできますか?
はい、できます。
医師の診断・指導さえ受けていれば、患者さん自身の手で行うことができることが最大のメリットです。
診察はしないで内服薬だけをもらうことはできますか?
できません。診察が必要です。
処方する薬やその成分量は人により異なります。
ED(インポテンス)は人によって適した治療法が異なります。
まずは診察をして、患者さんと相談しながら治療方法を決めます。
ED(インポテンス)の診察はどんな診察ですか?
ED(インポテンス)の治療は、入念なカウンセリングが基本です。
まず男性ホルモンの数値、血管の状態を検査し、睾丸やペニスの状態をしっかり確認します。
そしてED(インポテンス)の具体的な症状を把握し、原因を追求します。
その上でそれぞれの症状に応じた治療を多角的に行い、短期間での改善を図ります。

 


料金(税別)

※診察は無料となります。


◆料金は症状、治療法により異りますので、医師にご確認ください。
当クリニックではED(インポテンス)治療にあたり、検査や問診を行ったうえで最適な治療を行っています。
薬の取り扱いに関しても、内服薬の治験に参加した経験にもとづき、 各患者さんに適切な種類、用量を見極め、処方しております。


※内服薬の料金は医師にご確認ください。


注射法   12,000円


挿入強制勃起薬   15,000円


※ クレジットカードによるお支払いが可能です UC、DC、VISA、Master、JCB、American Expressをはじめ、各種クレジットカードを取り扱っております。