性病治療


性病(性感染症)・性病治療

性病・性感染症(STD - Sexually Transmitted Disease)

性行為を通じて感染する病気を総称して「性感染症」と呼んでいます。 一般に性病といわれているものです。
近年、性病(性感染症)は男女問わず増加の傾向にあり、特に若年層に広がりつつあります。
淋病、クラミジア、陰部ヘルペス、尖圭コンジローム、エイズ(HIV)、梅毒、トリコモナス、B型肝炎、C型肝炎、そけいリンパ肉芽腫、膣カンジタ、毛ジラミ等の種類や症状が様々で、そのまま放っておくと、副睾丸炎や急性膀胱炎、腹膜炎などの合併症を引き起こすことも珍しくありません。
また中には死に至るもの、男女共に不妊症の原因になるものもあります。
日ごろから清潔にしておくことと、コンドームを使用することは言うまでもありませんが、よく観察し、おかしいと気づいたら早めに病院を受診しましょう。
今でも性病(性感染症)は他の疾患に比べ、恥ずかしい病気と考えられており、受診しにくいことが多いようですが、早期発見、早期治療が重要です。
また、性病治療はパートナーと共に行うことが大切です。


主な性病の特徴と治療法について

淋病(りんびょう)


「淋病」の病原体は淋菌で、性交やオーラルセックスによって感染します。
まれに衣服や手指、お風呂からも感染する可能性があるので、特に菌を持った人とのタオルの共有は避けてください。

<症状>

男性:
尿道炎を引き起こし、尿道口が赤く腫れ、激しい排尿痛や黄色いベタベタした膿が出ます。
オーラルセックスにより口の中に感染した場合は咽頭炎などの症状が出ます。
放置しておくと尿道狭窄、前立腺炎、副睾丸炎、不妊症の原因にもなります。

女性:
外陰部のかゆみ、灼熱感と共に赤く腫れ、淋菌性外陰炎を起こします。
おりものに黄色または緑色の膿が混ざることもあります。
オーラルセックスにより口の中に感染した場合は咽頭炎などの症状が出ます。
母子感染(淋菌性結膜炎)の危険性もあるので妊婦は特に注意が必要です。
放置しておくと不妊症、子宮内膜炎、卵管炎、骨盤腹膜炎の原因にもなります。

<治療法>
注射または内服薬で治療可能ですが、病気が長引くと慢性化し、原因となる菌類にも薬に対する抵抗力がつき、完治しにくくなります。
口中に感染している場合も投薬で治ります。
男性は当院で検査と治療を受けることができます。
女性の方も当院までご相談下さい


クラミジア感染症


「クラミジア」は、最近特に多く見られる性感染症のひとつです。
クラミジア・トラコマチスという細菌によるもので、男女共にすぐにはあまり症状が出ないため、気づかずに他の人に感染させていることも少なくありませんが、放尿時に痛みやかゆみ・熱感があり、膿や粘質性の分泌物が出る場合もあります。

<症状>
男性:
感染後7~14日で、排尿時の痛み・尿道のかゆみ・不快感・透明白色膿が出るといった、軽い急性尿道炎症状が出ます。 人によっては、前立腺炎・副睾丸炎を起こすことがあります。

女性:
おりものが増えることがありますが、ほとんど症状がありません。
中には排尿障害、頻尿、骨盤痛、性交痛がある場合があります。
そのまま放置しておくと、子宮内膜筋層炎、子宮付属器炎、骨盤腹膜炎などの骨盤内炎症性疾患へと進展し、骨盤の慢性的な痛みや子宮外妊娠、および不妊症を引き起こす原因となります。
妊婦が感染している場合は、新生児が産道感染により眼瞼結膜炎や肺炎などを起こし、死に至ることもあります。
 
<治療法>
抗生物質の内服が有効ですが、パートナーともども治療を受けなければなりません。
男性は当院で検査と治療を受けることができます。
女性の方も当院までご相談下さい


陰部ヘルペス


「陰部ヘルペス」はヘルペスウィルスによるもので、性交とオーラルセックスによって感染します。
口の周辺に発生するI 型と、陰部に発生する II 型があります。
保菌者が口中に感染している場合はキスなどの接触でも感染の恐れがあります。
また、感染しても潜伏したまま症状が出ず、体調の悪い時や抵抗力の落ちた時に症状が出ることがあるため、いつ感染したものかを判断するのは難しい性感染症です。

<症状>
男性:
包皮、陰茎亀頭および陰茎幹にかゆみや痛みを伴う小さな水泡ができます。
激痛を感じるケースも多くあります。
別種のヘルペスウイルスでは唇の周りにできる口唇ヘルペスや腹部に出来るものもあります。

女性:
陰唇、陰核、会陰、膣そして子宮頚部にかゆみや痛みを伴う小さな水泡がたくさんできます。
排尿時、尿がしみて激痛を感じるケースも多くあります。
別種のヘルペスウイルスでは唇の周りにできる口唇ヘルペスや腹部に出来るものもあります。
母子感染の危険性があるので、妊婦は特に注意が必要です。

<治療法>
抗ヘルペスウィルス剤を服用します。しかし細菌感染と違って完治しにくく、身体の調子が悪い時などに再発することがあります。再発した場合は、その都度、薬を服用して症状を和らげます。
男性は当院で検査と治療を受けることができます。
女性の方も当院までご相談下さい


尖圭コンジローム condyloma accuminatum


「尖圭(せんけい)コンジローム」はパルポウィルスによるもので、亀頭や膣口、肛門の周囲などに米粒のようなボツボツしたイボができ、どんどん増えて悪化するとカリフラワーのようになります。痛みは感じません。
一般に性交渉で感染しますが、手や物に付着したウイルスからも感染することがあるので注意が必要です。
放置しておくと、陰茎ガンや子宮ガンを引き起こすことがあります。

<症状>
男性:
亀頭、陰茎、尿道口、陰嚢、肛門の周囲に米粒のようなボツボツしたイボができます。
痛みはありません。 放置しておくと陰茎ガンに発展する場合があります。

女性:
大小陰唇、会陰部、膣口、肛門の周囲に米粒のようなボツボツしたイボができます。
痛みはありません。 放置しておくと子宮ガンを引き起こすことがあります。

<治療法>
投薬と焼灼、あるいは切除により完治させます。
徹底的に除去しておかないと病原が残ってしまう可能性があります。
男性は当院にて治療を受けることができます。
女性は婦人科のある病院を受診してください。


その他の性病


エイズ(HIV)
HIV(human immunodeficiency virus)の感染によって引き起こされ、極度に免疫機能が低下し、日和見感染や悪性腫瘍、脳神経障害が発生し、死亡する疾患です。
HIVは感染者の血液、精液、子宮頚管粘液中に存在します。このため、おもな感染経路は性行為であり、このほかHIVを含んだ血液製剤の使用、輸血、注射器のまわし打ちなどにより感染することがあります。また、感染妊婦からの母子感染により約25%の胎児が感染します。
多くの場合、感染してから7~10年の間は症状を示さず、無症候性キャリアーといわれる時期があります。この時期に知らずに性交により他人に感染させる危険があります。
その後、発熱、下痢、体重減少、リンパ節腫脹などを主とするエイズ関連症候群といわれる時期があり、やがて典型的なエイズの症状を示すようになります。

梅毒
性交による感染、時には輸血などによる感染もあります。
感染後、3週、3ヶ月、3年、30年ごとに症状が進行します。
3週間後、性器や鼠径部(股の付け根)に無痛の硬いしこりができ、その後自然に消失します。
3ヶ月後、無痛性の鼠径リンパ節の腫れが起こりますが、自然に消失します。
3年後、皮膚に色々な発疹や赤い斑点がでて、神経炎や血管炎を起こしたりします。
そのまま放置しておくと、30年後には色々な臓器に腫瘍ができ、死に至ります。
脳卒中症状、神経衰弱なども起こります。
妊婦は母子感染を引き起こす可能性があり、死産、早産、何らかの異常を伴います。

トリコモナス
一般的には性交によって感染しますが、便器やお風呂の椅子、タオルなどからの感染も考えられるため、家族感染の危険性もあります。
男性の場合は殆ど自覚症状が出ません。女性の場合もすべての人に自覚症状が出るわけではありません。
主な症状は、悪臭のある黄緑色または乳白色の分泌物、かゆみ、外陰部や膣の灼熱感など。
検査は膣粘膜(あるいは尿道内)を綿棒で少し取り、顕微鏡で原虫の存在を確認します。


B型肝炎
感染後、1~6ヶ月で消化器症状を主とする肝炎症状とともに黄疸が現れます。ほとんどの場合、発症後3ヶ月以内に肝機能は正常化します。
しかし、劇症肝炎となり短期間で死亡することもあります。また、感染はしているが発症せずに長年発見されず、慢性肝炎あるいは肝硬変で初めて発見されることがあり、肝細胞ガンに発展する例も多くあります。

そけいリンパ肉芽腫
感染して1~2週間後、病原体の侵入箇所に小丘疹、小水疱が出る。
発疹の発生1週間後、鼠径リンパ腺(太股付け根のリンパ腺)に硬いしこりができます。
発熱し、膿を持ったできものが膣や外陰部から尿道や直腸に及び、外陰部が象皮病のようになることもあります。
日本ではほとんど見られません。東南アジア、アフリカ方面へ旅行に行く人は注意が必要です。

膣カンジダ
多くの女性が経験する病気で、性交渉が無くても自然発症する病気です。性交でも感染することがあるというだけで、一般に言われる「性病」ではありません。
女性の場合は性器、外陰部が赤く腫れ、かゆみを伴います。白いヨーグルト状のおりものがあり、膣内粘膜には白または黄色のカス状のおりものが付着します。
男性の場合は亀頭部に、潰れやすい小さい膿を持った発疹ができます。皮膚の一部がかぶれたように赤くなることもあります。男性がカンジダになることは少ないです。
性交や入浴(タオルなど)、ちり紙によっても感染する場合があります。


性病治療に関するQ&A

最近、排尿時に痛みがあるのですが、性感染症にかかっているのでしょうか?
もしかかっているとしたら、病名は何ですか?
排尿時に痛みがあるというだけで、病名は判断できませんが、性感染症にかかっている可能性があります。
まずは診察を受けることが必要です。
性感染症の場合、そのまま放置しておくと前立腺炎、精巣上体炎などに発展しかねません。
早期の治療が必要です。
最近セックスをしていないのですが、ヘルペスのようなものが亀頭にできています。どうしてですか?
以前、陰部ヘルペスにかかったことはありませんか?
細菌感染と違って完治しにくく、身体の調子が悪い時などに再発することがあります。
再発した場合は、その都度、薬を服用して症状を和らげます。
クラミジアみたいな症状が出ているのですが、どんな薬を飲めば良いですか?
まずは診察と検査を受けてください。
患者さんの判断だけでクラミジアとは断定できません。
薬は抗生物質が最も有効ですが、診察と検査の結果で決定します。
膣の周りに、痛みはないけど小さいイボイボができました。
それは何ですか?
尖圭コンジロームの可能性があります。
婦人科のある病院を受診してください。
僕は病院でクラミジアと診断されました。
彼女は何の症状も出ていないので、感染していないということですか?
女性にクラミジアが感染した場合、おりものが増えることがありますが、ほとんど症状がありません。
パートナーの方も感染している可能性は充分あります。
当院までご相談下さい
HIVに感染している可能性があります。どんな検査を受ければいいですか?
HIVの検査は血液検査を行います。
ただし、感染したと思われる性交から最低3ヶ月後からの検査でなくては、はっきりした結果を得ることはできません。
性感染症を予防するにはどうすればいいですか?
まずは、性交の際には必ずコンドームを使用してください。
しかし、コンドームの使用は100%有効というわけではありません。
不特定多数の人と性交することも感染する確率が高くなります。
特定のパートナーとコンドームを使用しての性交が望ましいです。
性感染症は母子感染しますか?
性感染症の種類によっては母子感染の可能性も充分あります。
女性は婦人科のある病院を受診してください。

料金(税別)


性病(性感染症)診察料 5,000円
薬代 3~8日分 5,000円

※上記は一般的な性病治療の費用です。特殊な治療の場合は料金が異なりますので、医師にご確認下さい。
※性病検査は実費にて承ります。検査の項目や内容によって費用が異なりますので、医師にご確認下さい。

※ クレジットカードによるお支払いが可能です UC、DC、VISA、Master、JCB、American Expressをはじめ、各種クレジットカードを取り扱っております。